三澤拓哉監督による演技ワークショップを開催しました。



この度、映画監督三澤拓哉さんによる演技ワークショップを開催致しました。



まず初めに三澤拓哉監督の経歴をご紹介します。

1987年生まれ、神奈川県寒川町出身。 2011年明治大学文学部卒業。同年4月、日本映画大学1期生として入学。在学中より商業映画の制作に携わる。

2014年にオール茅ヶ崎ロケ作品『 3泊4日、5時の鐘』を初監督し、ロッテルダム国際映画祭ほか多くの映画祭に招待され、北京国際映画祭新人部門で脚本賞、おおさかシネマフェスティバルでは新人監督賞を受賞。

その後、短編ドキュメンタリー『 Return』、茅ヶ崎・藤沢・寒川の市民とともに制作したワークショップ作品『 C-sidetown』を監督。『 Return』はモロッコで開かれた世界学生映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。

2015年の釜山国際映画祭ではAsian Film Academyに選出された。

湘南発祥の地・大磯で撮影された最新作が2019年秋公開予定。






今回は三澤監督が現在構想中の企画を元にワークショップを行いました。


この企画は湘南を舞台にした企画で、今回のワークショップのための書き下ろしとなります。(監督!ありがとうございます!)


湘南生まれ、湘南育ちの三澤監督だからこそ書けるその街特有の空気感を纏ったテキストと、会話劇の面白さが詰まった脚本に仕上げていただきました。






今回3人×3組に分かれてのワークショップとなりましたが、監督、役者がしっかりと役についてディスカッションする姿がとても印象的で、


演者によってそれぞれ違った役が立ち上がっていく様子が垣間見えるのもワークショップの面白さなのだと改めて思わされました。


限られた時間の中で協力して作り上げていく様はワークショップというより映画の現場のようで、映画のすみかで開催するワークショップとして理想に近い空間になったのではと思います。


これからのこの企画の変遷を見守りつつ、こうしたワークショップ活動も三澤作品をもっと多くの方に知って頂くきっかけになっていけばと思っておりますので皆様どうぞお見知りおきを。


大磯を舞台にした舞台にした新作長編映画映画が今年、2019年秋公開に向けて着々と準備中とのことなのでそちらもとても楽しみです!





映画のすみかでは引き続きワークショップを開催していく予定です。


何かございましたらeiganosumika@gmail.comまでご連絡ください。


よろしくお願いします。

  • Instagramの社会のアイコン
  • Grey Twitter Icon

© 2018 eiganosumika.com

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Social Icon